オンライカジノとは何か?動画を用いて徹底解説

オンラインカジノは合法的なギャンブルです。

オンラインカジノは今は取り締まる法律がありません

オンラインカジノはインターネットでギャンブルするカジノです。

お金をかけるわけだから勝つことも負けることもあります。

勝てばお金が手に入り、負ければお金が没収されます。

そのリスクを十分理解しておきましょう。

オンラインカジノは違法ではありません。

動画で見るオンラインカジノ

5分でわかる!オンラインカジノって違法?合法?【オンラインカジノ】【法律】【違法、合法】

【衝撃!】ベラジョンカジノは違法?合法?法務省に電話して聞いてみた!【オンラインカジノの危険性】

法律自体成立してないのだから、後は個人の判断によります。

一方的にギャンブルは悪いと決めつける人が居ますが、お金の使い方まで言われる事は強要罪にあたります。

オンラインカジノは違法?法律を犯してるんじゃないの?

オンラインカジノは違法ではありません。

詳しく法律を見てほしいのですが、賭博に関する法律は、刑法185条と186条にあります。

それぞれ見て欲しいのですが、

  • 第185条賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
  • 第186条
    1. 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
    2. 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

ここでは詳しく解説しません。

それは後日という事で

オンラインカジノのライセンスは政府が発行してるから疚しいことはありません。

これも後日書くとして、怪しいカジノだったらこのライセンスも発行してくれません。

厳密性、資金量、資金移動の利便性が無いと政府はカジノ運営のライセンスは発行してくれません。

オンラインカジノも海外は海外の法律、日本には日本の法律が適用されます。

海外ではよくある事例も日本にはなかったり地域によって差があります。

逆に日本ではある事例も海外にはなかったりします。

その事からも一意に日本の法律で裁くことは出来ないと言えるでしょう。

オンラインカジノにまつわる事件

スマートライブカジノ事件

2016年3月10日、京都府警が自宅でオンラインカジノをしていた3人を逮捕しました。

語弊があると行けないですが、プレイヤーを直接逮捕する権利は警察側にはありません。

だから今回もかなり警察が踏み込んで逮捕したと誤認される場合があります。

実際は裁判すれば勝てます。

永久ではありませんが

NetBanQ事件

2016年2月15日、オンラインカジノで利用できる換金システム「NetBanQ」を運営してた胴元が逮捕されています。

課金システムでパチンコ・パチスロの様な三店方式をとってなかったのが駄目でした。

直接金品をやり取りすることは当然ご法度です。

ドリームカジノ事件

2016年6月10日、オンラインカジノを運営し客と賭博を行ったとして、「ドリームカジノ」の運営者ら5人が常習賭博容疑で逮捕されました。

オンラインカジノは完全に合法とは呼べないのでこういった事例も出てきます。

多分何でもOKだったと思ったのでしょう

インカジは捕まる

法律186条常習賭博および賭博場開帳等図利の罪によって賭博場そのものを開帳する事はできません。

よくあるインターネットカフェでオンラインカジノをやる事は違法です。

手軽だから便利~と思った貴方。

そういう感じだから法律ができてしまうんですよ笑

まとめ

いかがでしたか?

オンラインカジノは怪しくないことがわかってもらえたはずです。

まずはやってみましょう

このページからアカウント登録&ブックマーク登録お願いします。